賃貸物件退去のコツ

賃貸退去時にかかる費用

賃貸退去時の注意点とは

賃貸物件を退去する際に、賃料の計算は日割りにならないことが多いので注意をしましょう。この辺は契約によって定められることになりますが、多くは単位が一月分となっています。したがって、最終月の家賃は少なくともその月分は負担をすることになります。そうなると、月初めに退去をする場合にはかなり損をしてしまうことになります。また、引っ越す先も賃貸物件であれば、そこでも賃料を負担しなければならないとなれば、二重に負担することになってしまいます。そのため、引っ越す際にはこの辺も考慮に入れておいた方が良いでしょう。

賃貸の退去時にかかる費用

賃貸物件の退去時に借主が負担をすべきなのは、借主の故意や過失によって劣化した部分のみです。経年劣化は、借主の責任で起きるものではないため、原状回復すべき義務には当たりません。そのため、きちんと掃除をして生活をしていた人であれば、負担すべき費用はほとんどなく、敷金として差し入れている金銭は大半が戻ってきます。しかし、賃貸借契約では敷金のトラブルが多いのが現状です。これは、大家が必要以上に回収しようとしているために起こります。借主は負担する必要はないものは、きっぱりと主張をして敷金を返してもらいましょう。

↑PAGE TOP

Copyright © 賃貸退去時にかかる費用 All rights reserved